浅川小児科クリニック

今秋〜冬の本院の国産インフルエンザワクチン(以下IV)情報は、この欄が最新情報です。こまめなチェックをお願いします。

・(この項目10月28日(月)朝掲示)IVの予約は一杯になりました。キャンセルがあれば予約できますが、キャンセル待ちのシステムはないので、予約を試みて頂くしかありません。


・(この項目9月21日朝掲示)9月20日夕方からIVの予約を承っております。「国産インフルエンザワクチン予約」から予約して下さい。10月4日(金)〜2020年1月上旬の接種期間です。

・(この項目9月14日朝掲示)接種料金は、1回税込3800円とさせていただきます。

・(この項目8月30日午前中掲示)ワクチンメーカーの情報では、今年のIV生産は順調で、昨年よりも10%くらい多い生産本数が見込めそうとのことです。IVと同時接種可能なワクチンに従来のB型肝炎、日脳、2種混合に加えて、3種混合有料と単独ポリオ有料ワクチンも同時接種可とします。

(以下2019年8月2日朝掲示開始)
・本院の診察券番号をお持ちの方のみの予約可能です。全くかかったことのない方は予約できません。

・接種期間(年内)に9〜10〜11か月健診の対象児は、9〜10〜11か月健診の予約だけで、9〜10〜11か月健診時にIV接種します。B型肝炎3回目との同時接種も可能です。

・注射の痛みに対する恐怖から、大きい子でも接種時に暴れる方がいらっしゃいます。これまではスタッフが無理やり抑えつけて接種してきましたが、次第に抑えつけることが困難になってきました。接種時に暴れることが予想される児には、保護者に抑えて頂きますが、抑えつけることが困難な場合は接種しないで、お帰りいただきますので、ご了承下さい。痛みに対する恐怖が強い方は、鼻から噴霧するフルミスト接種をお勧めします。

・2才以上の児には、フルミストワクチン(国内未承認・インフルエンザ生ワクチン)接種をお勧めします。確実に確保でき、ほとんどの場合1回接種で済み、鼻に噴霧するので、注射より圧倒的に痛くありません。例年10月末には接種開始できます。フルミストワクチンの詳しい説明はこちらをお読み下さい。

以下の項目は例年と同じです。初めて本院でIV接種をする方は読んで下さい。

・IV予約は他のワクチン健診の予約が入っていても可能です。予約開始になると、「健診とワクチン」の下に「国産インフルエンザワクチン予約」の表示が現れます。表示が現れたら予約をお取り下さい。予約開始は9月下旬〜10月中旬の予定です。具体的な日時はわかりません。こまめに最初の予約画面をチェックして下さい。

・本院の予約可能年齢は生後6か月〜高校3年までです。保護者の方は他の医療機関で接種して下さい。診察券番号が無いと予約できません。

・1回のアクセスで2〜6週間隔で1人2回分、兄弟5人分までの予約が可能です。1回目の予約を入れると2回目の予約を取るかコンピューターがたずねますので手順に従い予約して下さい。13才未満の方は、正しい間隔で2回接種が必要です。

・例年予約開始後短期間で予約が一杯になりますが、IVが新たに確保できれば、、再び予約可能になりますので、いったん一杯になってもあきらめずに、お待ち下さい。
予約が一杯になるとキャンセルが無いと予約出来ません。キャンセル待ちのシステムはないので、こまめにチェックして、予約出来るかどうか試みて頂くしか方法はありません。

・予約が取れた方は受付に問診票を取りに来て頂いて、あらかじめご記入の上接種に来院して頂くと早いです。体調やご都合でキャンセルが出る場合もありますが、いつキャンセルが発生するかこちらでは把握できないので、こまめにアクセスして頂いて、予約を試みていただくしかありませんので、ご了承下さい。

・IVと同時接種できるのは、接種間違いを防ぐため、B型肝炎ワクチン(定期・有料)・日本脳炎ワクチン・2種混合・3種混合有料・単独ポリオ有料ワクチンのみです。2016年10月1日から0才児を対象に、B型肝炎ワクチンが定期接種(=無料)化されました。これまでB型肝炎ワクチンを接種してこなかった児も、有料(税込1回5500円・3回接種)ですが、接種をお勧めします。有料B型肝炎ワクチンの接種年齢制限はありません。
また4種混合ワクチンを4回接種してきた児は、年長年令くらいになると百日咳とポリオの免疫が下がってくることが分かってきました。4種混合4回接種した年長以上の児では、3種混合有料(税込5500円)・単独ポリオ有料(税込10000円)ワクチン接種をお勧めします。

・接種料金は、1回税込3800円です。

・今年のワクチン株は、A2009年型+A香港型+B型山形系統+B型ヴィクトリア系統で、全国どのメーカーのワクチンでも同じです。

・最近の国産インフルエンザワクチンの有効率は、小児(1才〜13才未満)で30%〜60%、1才未満と13才以上は統計比較が困難とされています。

・フルミストワクチン(国内未承認・インフルエンザ生ワクチン)の説明はこちらをお読み下さい。

ご不明な点はスタッフ・院長に遠慮なくご質問下さい。
もどる